基礎から学べる

パン

お菓子作りに携わっている人や、調理関係の学校に通っている人は、ブーランジェという言葉を一度は耳にしたことがある人も多いでしょう。フランスの言葉ですが、日本ではパン職人という意味になります。オシャレなベーカリーやデパートなど、ブーランジェはいろいろな場所で活躍しています。

ブーランジェになるためには特別資格が必要となるわけではありませんが、本格的に基礎から学びたい人は専門学校へ入学するのが一般的です。パン職人の中には専門学校へ行かずに独学で勉強したり、現場に飛び込み手に職をつけた人もいるでしょう。ですが、一人前になるには約10年は必要とされていますし、勉強してもすぐに実力が身につくわけではありません。専門学校へ通うことで基礎からスタートすることができますし、ブーランジェになるために必要な知識を習得することができます。また、同じ目標を持つ仲間と知り合うことができるので、将来のために人脈作りを行うこともできるでしょう。

日本にはブーランジェになるための専門学校が全国にありますが、通う場所によってコースが異なっています。例えば、パン作りの授業だけではなく、スイーツ作りの授業が導入されているところもあります。最近は街中にあるベーカリーでもスイーツに似たようなパンを作っているところもあるので、パン作りにおいてメリットになることもあるでしょう。いろいろなコースがあるので、事前に確認することが大切です。